体に毒素を残さない健康的な食事法

健康的な食事では余分なエネルギーを体内に貯めない

日本人は、古くは農耕民族と言われています。さらに昔の大陸とつながっていた時には狩猟も行っていたのでしょう。ヨーロッパなどはあまり土地の状態が良くないからか狩猟を行っていたと言われています。狩猟が主だったときは確実に食べることが出来ないこともあります。そのことから、できるだけエネルギーを貯めるような体になったとされます。それからかなりの年月が経っているのですが、その部分の機能に関してはまだ退化していないようです。これからも付き合っていく必要があります。栄養分について、余分に取り過ぎると、それが体内に蓄積されるのはわかります。でもそれ以外にも蓄積されることがあるのです。それはどのような時になるのでしょうか。

食事においては、三大栄養素を中心に行うとされています。炭水化物、タンパク質、脂質になります。その他にビタミンや、ミネラルなども必要になってきます。この中で炭水化物と脂質に関しては、余分な部分については体の中に貯められるとされています。脂肪として貯められるのです。お腹などをつまめる人とは脂肪があるのです。つまめる脂肪はまだよいですが、内臓などの周りにつくこともあります。これらはなかなか落とすことが出来ないとされています。ポイントとしては、いかに脂肪に変わる前に使い切るかになるでしょう。健康のためには、食べ方があると言われています。それを心がけることで、蓄えにくくなるのです。同じものでも違いが出てきます。

ご飯などの炭水化物においては、最初の方に口にしてはいけないと言われています。口に入れると、すぐに消化されてしまいます。そしてエネルギーとして使う前に貯蔵されてしまうのです。それより、野菜などの繊維や、肉類などのタンパク質と取ります。これらが胃で消化されるのには時間がかかります。そういう状態になった所に炭水化物を入れます。すると消化が遅れます。食後に何らかの活動をすれば、それに応じて使われるので、貯められないのです。

Copyright (C)2016体に毒素を残さない健康的な食事法.All rights reserved.