体に毒素を残さない健康的な食事法

健康維持にはまごはやさしいで食事をする

食べ物のには、色々な成分が含まれていますが、お肉、野菜、果物、お魚、炭水化物などどれを食べて、生活をしていけば分からなくなる時があります。ネットやテレビや雑誌での情報が多すぎるからです。それに、毎日、、毎日自炊をするのはやってみると大変なものです。色々な種類を食べるにしても、カロリーは気になりますし、たまには好きなものしか食べたくない日だってあります。そんな時、まごわやさしいという言葉を思い出してください。これを意識するだけで普段の食事の質が向上します。

まごわやさしいという言葉は、健康に良いとされている食材の頭文字をとり、組み合わせたものです。まは豆類、ごまは、種実類、ごまのような食材を表します。わはわかめ、やは野菜で、さは魚、しはしいたけからとりましたが、きのこ類のことをいいます。最後にいはいも類です。昔からある日本食ばかりです。これらを取り入れることで、生活習慣病やコレステロールの低下、アンチエイジングや疲労回復につながります。この食材の優れているところは、栄養価が高いことは周知のことですが、ごまアイスやスイートポテト、小魚チップスといった間食でも、補うことが可能です。これにもう一品足したいのがヨーグルトなどの発酵食品です。それと、食事の時に五色の色を揃えるとまごはやさしいを実践しやすいです。白と黒と赤と緑と黄色です。これだけの色合いを使用しようとすると自然にバランスが取れたおかずが食卓に並びます。

健康・医療・健康は、このwebサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017体に毒素を残さない健康的な食事法.All rights reserved.