体に毒素を残さない健康的な食事法

夏に心がける健康な食事は温かいもの

夏になると、冷たいものが食べたくなります。温度によって、売れる商品が違うと聞きました。ある温度を超えると、アイスクリームが売れ、さらに上がるとかき氷が売れるそうです。夜の温度においては、一定以上になると生ビールが売れるとのことです。暑いときにそれらを食べたり飲んだりすることですっきりすることが出来ます。自然に求めてしまうのでしょう。冷たいものを食べると体の中はどうなるでしょうか。当然冷やされることになります。

では冷やされた後体温を測ったらどうなっているでしょうか。体は元の体温のままです。体においては、生命が生きていくのに必要な体温を維持します。暑すぎるときは汗で調節をします。寒いときは震えたりして発熱をするのです。もし冷えたものを食べて体を冷やすとなると、体のほうでは発熱をしなければいけなくなります。負担になってしまうのです。健康のことを考えると、冷たい食事はあまりしないほうが良いです。やり過ぎに注意すれば十分です。

良いものとすれば、温かいものです。体温ぐらいの温度のものが良いでしょう。そうめんは氷を浮かして食べると冷たくて美味しいです。でも体を冷やしてしまいます。にゅうめんなど、少しあたたかい状態にしたりします。また、麺は冷たくても、つけ汁を温かくすることがあります。そうすることで、体の中に入るときはちょうどよい温度にすることができるのです。お茶なども、冷たくするよりも、少し温かめにすると、体に優しくなります。

健康・医療・健康は、このwebサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017体に毒素を残さない健康的な食事法.All rights reserved.